朝駆け

日々、感じたことを自由に書きます。

何度だって結び直してくれ〜20190912 BUMP OF CHICKEN tour2019 aurora ark 京セラドーム大阪〜

!!演出ネタバレ、セトリネタあります!!








勝手に好きになって、勝手に距離を取る。挙げ句の果てに嫌いになる。本当に人間は勝手だ。

バンプを好きになって10年以上が経った。それこそ文字通り、毎日聴いた。バンプは私にとって大切な存在だったし、大好きだった。

過去形で述べているという事実で、ずっとそうではいなかったということを理解してほしい。比較的すぐに分かってしまうことだ。自分の理想通りに相手が進んで行ってくれないということに。

荒削りの楽曲が好きな人、暗い歌詞が好きな人、そういう要素は比較的すぐに無くなってしまう。やはり出会いはどうしても印象に残るし、聴き込めば聴きこんだだけ思い入れが深くなる。
そこに進学や就職関係の辛さが加われば、あら不思議、ツマラナイ音楽へと勝手に、簡単に変身してしまう。


私がバンプのライブに参加するのは2012年のGOLD GLIDER振りだった。9/12の京セラドームに参加したのだが、純粋に「楽しむ気持ちだけ」を持ってライブに参加することは出来なかった。

単純に7年の歳月が経った。その間を埋めることができず、楽しむことができなかったらどうしようと思っていた。そうなってしまった時、大好きなものが好きと感じられなくなった時、絶望し、その出来事を受け入れることができるのだろうかと勝手に考えてしまった。

aurora arcを良いと感じたのも、9月に入ってからだった。14曲中、既存曲が12曲。
アルバムと捉えて良いのかどうなのか、素直に悩んだ。実際に初めて聴いたときはすんなりと、受け入れることが出来なかった。
しかし、前述した通り9月に入ってからだった。aurora arcと私が見事に合致したのである。
Auroraがキーになり、話がしたいよ が私を包み込んでくれた。優しいだけではなく、傷口がヒリヒリ痛むようなアルバムに変化したのだ。

働くことは辛い。学校も、きっと育児も。生きるということは辛い。
でも辛いことがあるからこそ、楽しいことを目標にして日々を乗り越えられるのだと思う。



待ちに待ったaurora ark tour当日、冒頭に書いた不安な気持ちと、それ以上にソワソワした気持ちを抱きながら開演を待った。
最近の定番であるらしいピクスモブを手に付け、私にしては珍しく直前までaurora arcを聴いていた。

aurora arc が流れ、スクリーンにステージに上がる前の4人が写り、とうとう来たと思ったら何故か泣いてしまった。10秒もかからなかった。ここまできていたのか、と感じたら自分のことながらウケてしまった。


会場を包み込むaurora arcと力強いAurora、アンセムとして完成した虹を待つ人、
至る所で歓声が上がる天体観測、今のバンプが見せる最高にカッコいいシリウス、聴いたことのあるセッションから何度も聴いた車輪の唄へと続く。

どうしてこんなに染みてしまうのだろう。胸がときめいてしまうのだろう。14歳の時に聞いたあの日から、いやあの日よりももっと、出会った曲たちが輝いて愛しく感じる。


新しいバンプの側面を見せたButterfly、ノスタルジーを感じさせるメロディとバンプの優しさが心地よい記念写真、どうしてこんなに響くのか分からないほど大好きな 話がしたいよ。
open.spotify.com

話がしたいよの前に、藤原が呟いた「もうこの曲か」に含まれている「ライブが楽しい」という気持ちは、
メンバーもファンも恐らく同じで、大好きな人たちと素敵な空間を共有できることを心から幸せに思っているのだと思った。


メインステージから花道を通ってミニステージへ何度も行き来するメンバー。

歩いたり走ったりしながら次の曲の為にメインステージに戻るメンバーが愛しくて、何度も笑顔になってしまった。

そしてファンとハイタッチをしながらバックステージへ向かうメンバー。
メインステージから遠いファンにも近付きたい、今回は秀ちゃんも一緒に!「いつも秀ちゃん、イシツブテみたいな顔して悔しそうなんだよ」と男梅のようなイシツブテのような、でも愛しい変な顔をする秀ちゃん。

そして披露するのは変動枠である真っ赤な空を見ただろうか。
open.spotify.com

これには私も驚いてしまった。
バンプで、どの曲が一番好き?」と聞かれたらめちゃめちゃ迷いつつも、この曲を含めた5曲くらいを挙げると思う。

自分の事じゃないから、相手の気持ちがわからない。でも相手の気持ちを知りたいと思う。遠くにいたとしても、相手のことを考えてしまう、大切に思ってしまう。
そんな優しい曲なのだ。
びっくりして、嬉しくて涙が溢れてきた。全部一緒に歌ってしまった。本当に大好きな曲だ。

そして、20周年イヤーの最後を飾ったリボンが続く。

歌詞に散りばめられた他の楽曲との繋がりを感じてしまうのはもちろん、
バンプが歩んできたこれまでと、私と出会ってからのこれまでと、そしてこの先に続いていくバンプと私の物語がこれからも結んでいくんだろう、そう感じさせてくれた。

ファンにハグしたり、グータッチしたりしながらメインステージに戻るメンバー。バンプにとっては会場がドームでもライブハウスでも関係ないんだな、そう感じざるを得なかった。

aurora arcから望遠のマーチ、GOへとアンセムソングが続き、また盛り上がっていくオーディエンスをSpicaが包み込む。

PVを思い出させるような映像がシンクロするray、ポップでキャッチーなフレーズと映像が続く新世界。
open.spotify.com

その後に藤原が「ベイビーアイラブユーだぜ!」と叫べば、どうしても歓声が上がってしまう。
新世界で何度もでてくる「ベイビーアイラブユーだぜ」、「こんなこと、一番言わなさそうだよな」昔の私であればそう感じてしまうだろうが、変わっていくことは全く悪いことではない。

むしろ、rayで「生きるのは最高だ」とバンプが歌ってくれるだけで、救われる人がどれだけいるのだろう。

辛い気持ちに寄り添ってくれることを良しとし、変わっていく相手を悪とする、そういう人間は一定層いて、それは悪いわけではない。
でも、実在している大好きな人たちが希望を持って「生きるのは最高だ!」と声高に叫んでくれる現実に私は救われる。



オーディエンスの声が響くsupernova。
そしてaurora arcラスト曲である流れ星の正体が、ツアーaurora ark本編のラストを飾る。

胸がいっぱいだった。去って行くメンバーを見て、本編が終わってしまったことに対する悲しさが溢れてきた。なにも不安になることはなかったんだ。バンプはずっと私の大好きなバンプだったんだ、そう確信した。

本編が終わり、アンコール曲はなんとバイバイサンキュー。
open.spotify.com

素直にいうと、真っ赤な空を見ただろうかが演奏された以上の驚きが今日のライブ中に起こるなんて思ってもいなかった。
天体観測のカップリング(弱虫賛歌)であるこの曲は、留学する先輩にあてて書いたことは知ってるファンも多いと思う。
でもそれがたくさんの人たちに受け取られることで、違う輝きを放つ。そういう魔法みたいなことが音楽では起こり得る。
収録されているカップリングアルバムpresent from youは、リアルタイムで初めて買ったバンプのアルバム(リリース)だった。思入れ深く、聴けたことが本当に嬉しかった。何度も何度も一緒に泣いて、支えてくれた曲に、また出会えたことが嬉しかった。

青さが感じられる何度も聴いたイントロに胸が高鳴らないわけがない!ラスト曲、ガラスのブルース

全編を通して歌ってはいたが、1番の大声を出したラストサビ。本当に曲が終わって欲しくなかった。この時間がずっと続けばいいのにと何度も思った。
「おやすみ!」と叫びながら捌ける藤原に思わず微笑んでしまう。バンプの優しさと愛情が溢れ出した、aurora arcの世界観に包まれた最高の時間が終わった。



aurora arcは秋だ。秋に、このツアーに参加できて本当に良かった。バンプに出会えて良かった。aurora arcが生まれてくれてよかった。
大好きな人たちの、大好きなアルバムのツアーに参加できたこと、ずっと忘れたくないし、きっと忘れられないと思う。

スクリーンに映る藤原の横顔は、ちゃんと歳を重ねた姿だった。私もバンプも、年に1つ歳を取る。でもそれがちゃんと、バンプも私も、歳を重ねてきたことを表してくれるようで、私と一緒に居てくれたことを表しているような気がして嬉しかった。

解けてしまいそうでも、何度でも何度でも。
バンプは私とのリボンを、ちょっとふざけながら、笑いながら結び直してくれるんだろうなと強く思ったライブだった。

20190912セトリ



aurora ark
Aurora
虹を待つ人
天体観測
シリウス
車輪の唄
Butterfly
記念写真
話がしたいよ
.
(バクステ)
真っ赤な空を見ただろうか
リボン
.
aurora arc
望遠のマーチ
GO
Spica
ray
新世界
supernova
流れ星の正体
.
enc.
バイバイサンキュー
ガラスのブルース