朝駆け

日々、感じたことを自由に書きます。

【ライブ】20191226RADIO CRAZY2019 ASIAN KUNG-FU GENERATION

2019年はホームタウンツアー仙台初日に始まり、レディクレで締め。アジカンに始まり、アジカンに終わる年だった。

GLAYから約80分空いて、待ちに待ったアジカン
ホームタウンツアーを彷彿とさせるクロックワークのイントロが鳴り響き、そのままクロックワークへ。
ナナイロは大阪だけ入りがクロックワークではなく君という花だったので、勝手にナナイロ大阪の補完をした気持ちになった。
聴きなれた胸が高鳴るイントロ、Re:Re:。タイアップが付いたこともあり、知名度も増したがアレンジが変わっても、いつ聴いてもこのリフには不思議な力を感じざるを得ない。
スタンダード、ソラニン、君の街まで、リライトと続く。
「誰の真似もせず、自由に楽しんでね」と伝えたものの、オーディエンスと「今年一番のコールアンドレスポンスがしたい」とゴッチ。ステージの淵にすわり足をぶら下げながら、寝転がりながら、いろんな方法でコミュニケーションをとるゴッチ。リライトは本当に、アジカンとフェスでのオーディエンスを繋ぐ、大切な曲だよなあ。頑丈な作りの為インテックスの屋根は飛ばなかったが、爆発力が強く、年1のコールアンドレスポンスだったと断言できる。
「もう終わってしまうのか」とハッとさせられるボーイズ&ガールズ。
ここ最近の本編ラストはほぼこの曲で、ライブが終わる悲しさを痛感させられる。でも、この曲を聴きたいからライブに来たくなるのかもしれないなと思った。

ホームタウンツアー終わってから、ずっと「解放!」がしたかった!フェスでの選曲としては中々挑戦的だったのかもしれないけど、「僕たちが一番やりたい曲をやります。」そんな言葉の後に披露された解放区。
今の彼らだから出来た曲。「自由に、誰の真似もせず、楽しむ。」

フェス仕様のセトリではあるけど、これがアジカンのスタンダード。もう若手扱いされない活動年数、演奏、楽曲だけど、心をめいいっぱい満たしてくれる。ライブを見る度に勇気や希望を与えてくれるようなステージング。今のアジカンが大好きだから何度でも見たくなるし、ライブを見る度にそのライブが「これまで観てきたアジカンのライブの中で一番」になる。かっこよく居続けている先輩方のように。これからもずっとアジカンらしくカッコよくい続けてほしい。
まだまだ「始まったばかり」です。

‪クロックワーク‬
‪Re:Re:
‪Standard
ソラニン
‪君の街まで
‪リライト
‪ボーイズ&ガールズ
en
‪解放区

open.spotify.com