朝駆け

日々、感じたことを自由に書きます。

【年間ベスト】BEST HIT ME!2020【発表】

皆さんこんにちは!おゆです!
2019年には想像もしていなかったことばかりの2020年。
まあ、1年は長いし、楽しいこともきついことも振り返ればそれなりにはあるけど、
それにしても異質だったなあと言い切れる年でした。
楽しみにしていたことがなくなり、先行きの見えない状況に不安になったり、世界全体が混沌としていたなと感じていました。
過去にも自信の年間ベストを勝手に作って公開していたのですが、
「皆さんのベスト知りたいな~」「まとめて公開したら楽しくない?」そんな会話がきっかけになり、
昨年末、2020年の年間ベストを皆さんより募るという意味で募集しておりました。
asagake3.hatenablog.com
コメントも昨年末に頂いたものなので、いろいろと変わってしまったこともありますが、こちらでまとめさせていただきます!
(年始とは?という話なのですが、本当は別のものと合わせて公開予定で進めていて難しそうなのでこちらだけ公開する形になりました。IKKOさん的にいうと言い訳~です。)
皆さんから頂いたコメントとプレイリストを順にご紹介していきますので、皆さんの音楽生活が豊かになるきっかけになればうれしZ(Eをはるかに越えているの意)です!
(転載元を明記しない、文章の転載はおやめ下さい。)

1. あかしさん

twitter.com

フジファブリック】今さらだがはまった。食べ物系タイトルの曲はかわいみがあって特に好み。
スピッツ】猫になりたい1番好きかもしれん。なんとか弾き語れる曲。
BTS】問答無用で繰り返し聴きたくなる曲。インストverもお気に入り。MVも最高。テテ推し。
キュウソネコカミ】入院患者さんがTシャツを着ており話題作りのために聴いた。とりあえずアルバム流しで聴いてビビッときた曲がタラシくん。
くるり】シャラシャラ感がとても好き。
銀杏BOYZ】出だしから好き、I'm yours You're mineのとこ好き。
【ラブリーサマーちゃん】ある日ゴッチがかっこいいと呟いたのを見て聴いてみた、声が魅力的でweezerオマージュの曲もあって好きになった。
ヘルシンキラムダクラブ】あったかくて、声も心地良い。サビ延々聴ける。
YUKI】最近のYUKIの良さがよく出ている。ライブで聴きた。
アジカン】配信のモエカさんのゆらゆら動きに魅了された。女性ボーカルとのコラボは大好物。

2. ナオアンさん

twitter.com

コロナのせいにはしたくはないけれど2020年は仕事も私生活も上手くいかないと感じる期間が長くタフな1年でした。精神が弱っていると音楽を聴けなくなる体質の私は音楽に救われた事なんてないし当然2020年もあまりにキツ過ぎて音楽を聴く時間が例年に比べ少なかったです。それでも、辛い時は無音にしてしまうような私に寄り添うように在った音楽たちです。前半はネクライトーキー、後半はズーカラデルと去年出会えたバンドの新曲たちがとても良くてさらに好きになった1年でした。

3. げんとうさん

twitter.com

2020年に聴いた曲のうち、今年(執筆時の2020年)リリースされた曲の中から特に好きだったものを10曲選んでみました。(順不同です)
2020年、世界中を襲った未曾有のコロナ禍が音楽業界に与えた影響は計り知れず、音楽のあり方・届け方・受け取り方が大きく変わったように思います。
自分自身、行きたかったライブが延期の末に中止になったり、物理的な距離の関係で行けなかったフェスがオンラインで配信されたりとコロナに振り回されマクロの音楽ライフを送った一年でした。
2020年はコロナの影響からなのか、チルやローファイなどの落ち着いた曲を好んで聴いていました。邦楽だと力強いメッセージ性が込められた曲は何度もリピートしていました。洋楽はロックよりもファンクを聴いていたかもしれません。
アーティスト単位で振り返ると上半期はTempalay(プレイリストには入ってないけど)、下半期は赤い公園を聴きこんでいました。アジカンはいつも聴きこんでる。
特に赤い公園のアルバム「THE PARK」は個人的に2020年一番の作品でした。悲しい知らせがあって今後の進展が気になりますが、これからもずっと聴いていたいバンドです。来年はコロナが収まってライブやフェスに参加できるよう願っています。行けなかったとしても素敵な音楽達と出会えますように。

4. 月の人さん

twitter.com
note.com

Apple Musicの集計を移植してみました。基本、アルバム通しで聴くので単曲で繰り返し聴くとすればよほどのお気に入り、なので納得の上位です。
沁みたい時に無性に聴きたくなる羊文学「人間だった」、否応なしにブチ上がるPEDRO「感傷謳歌」、サブスク解禁してから聴きまくってたRADWIMPS「グランドエスケープ feat.三浦透子」。それ以外も家に帰り着くまでのあと5分くらいで聴くのにぴったりな優しくて穏やかな曲が多いです。Gotch「Nothing But Love」、NYAI「pomason」、私立恵比寿中学「ちがうの」、ズーカラデル「夢が覚めたら」、、全体的にどよんとした世界だったからこそ心を浮かすような歌を欲してたのでしょう。あとはReal Soundへの記事を書くために繰り返し聴いたのが多いです。カネコアヤノ 「車窓より」は弾き語りとの聴き比べ、King Gnu「Overflow」は家入レオverとの比較、長谷川白紙「光のロック」はサンボマスター版と違いすぎて何度も聴き直した思い出。来年はどんな曲を聴くのか、全く予想もつかないですがきっとセンチメンタルな曲を多く好むはずです。

5. ヒロノさん

twitter.com

文字通り激動の一年だったこともあり、私的にもずっと具合が悪い年なせいか、重めのギターロックからやや嗜好が離れた一年だったかもしれません。それはそれで幅を広めるいい機会と思うことにします。
アジカンは「言うまでもないなぁ」と思ったので抜きにしようと思ったけどGotchは入れてしまいました。ROTH BART BARONやFleet Foxesみたいなものが好きだったり、ギターロックでもズーカラデルのようなハッピーな色彩があるものにハマっていたり、「ゴリゴリの邦ロック好きロキノン厨」という自我(?)に囚われずに聴きたいなという姿勢があったかもしれません。
そんな中でもTHE PINBALLSのような泥臭いガレージロックにも惹かれていることは間違いないので、今後ともギターロックキッズとして邁進していく所存です。

友人A


友人にもスタバをおごることを条件に年間ベストをお願いしてみました。ほぼ1年以上会えていないこともあり、スタバを奢れていませんが、いざ友達のヘビリス曲を教えてもらうのなかなかこしょばゆく、ポカポカしました。たまにはいいですね🥺いつもありがとう。スタバ、グランデサイズでもいいよ。

おゆ

twitter.com

最後に私の年間ベストです。過去になったとしても記憶に残り続けるであろう2020年。いつも以上に変化が激しかった2020年によく聞いた音楽たち。
バンドや洋楽アーティスト、2020年も新しいアーティストとの出会いや素晴らしい曲と出会えました。もちろん例年ならライブに足を運んでいただろうし、
実際に中止になったことも多いのですが、そんな環境でも出会えたことはとても嬉しいことでした。
個人的に特記したいのは、K-POPとの出会いです。TWICEとIZ*ONEがこれまで関わることのなかったK-POPの扉まで私を導いてくれました。これまで触れることがほぼなかった世界に入ることで、新しい音楽にはもちろん、文化に触れ、「楽しめるもの、好きだと感じられるもの」が一気に増えた感覚がありました。音楽を楽しめるチャンネルを増やすことができた今、これから出会う音楽たちが楽しみです。

正直「誰か送ってくれるのかな?」と思っていましたが、自分を含めて7人の方の2020年の年間ベストをまとめることが出来ました。どうしても新型コロナウイルスの話になってしまいますが、昨年末から好転しているようでしていない状況に気分が落ち込みます。しかし、2021年に入ってから出会えた素晴らしい曲たちもいくつかあり、その音楽にも支えられつつ、諦めず毎日を過ごして行きたいと思います。
皆さんも無理はせず、2021年がっつり楽しんでいきましょう!改めて、ご協力頂いた皆様、ありがとうございました!そして最後まで読んでくださったあなたもありがとう!楽しんでくださいね!