朝駆け

日々、感じたことを自由に書きます。

私と一重まぶたとの戦い



私は一重まぶたなのですが、つけまつげを付けることによって二重になります。

ここで勘違いしてほしくないのが、私は「私が一重まぶたであることが嫌い」ということです。「一重まぶたの他人が嫌い」ということではないのです。


以前は、つけまつげを付けてアイプチをしていたのですが、数年前からアイプチをしなくてもつけまつげだけで二重になるようになりました。

アイプチ自体は8年くらい前から使っていて、日常的に使うようになったのは6年ほど前からです。


さて、ここから私と一重まぶたとの戦いを見ていきましょう。


初めてつけまつげを付けたとき。データによると2009年なので、8年前ですね。

2009年

一重の子につけまつげを付けだだけ、という感じ。これはアイプチしてないと思います。
ガラケーの頃の写真なので画質が荒いです。


2012年8月

つけまつげとアイプチです。この頃はつけまつげだけで二重になるなんて思いもしなかったです。


2013年4月

これもつけまつげとアイプチです。でも二重幅がほぼ無いですね。

2013年7月

カラコンとつけまつげです。アイプチで二重幅をちょっと作ることができました。

2013年9月

これは逆の目なのですが、この時期にはアイプチなしで二重幅を作れていますね。

2014年1月

まだ、つけまつげとアイプチをしています。


2014年3月

アイプチなしで、二重幅ができてます。この頃くらいには、ほぼアイプチをしてなかった記憶があります。

2015年10月

カラコンとつけまつげをつけて二重幅を作ってます。日によりますが、最近はほぼこんな目元です。

2016年7月

つけまつげのみです。


2016年12月

つけまつげのみです。キリッとしててお気に入り。


2017年1月


ここ2年くらいはこんな二重が続いてます。
相棒にしているつけまつげ以外でも、透明芯でなければ9割型二重になります。

また二重関係の記事は書こうと思っていますが、つけまつげをつけることで二重になりたい人は、「芯がしっかりしてる」つけまつげを選んだほうがいいです。クリアの芯だったり、ふにゃふにゃの芯は、まぶたを押し上げてくれず、二重にはなりません(私の場合)。

私自身、芯が太いつけまつげをずっと愛用してます。日によってくっきり二重にならないときもあります。でも昔に比べれば、本当に楽です。

どうでしょうか?私の一重まぶたとの戦いを見てもらいました。こんなに変わるんだな、ということが分かってもらえればいいかな、と思います。

二重になりたい一重まぶたの方!
頑張りましょう!!おゆでした!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ