読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝駆け

日々、感じたことを自由に書きます。

ものを捨てていく生活


去年あたりから、これまで全然出来なかった掃除をやったり(大掛かりなもの)、捨てるに捨てれなかったもの、ずっと使っていなかったものを捨てたり売ったりしているということは以前の記事でも書いたことがあり、ご存知のかたもいらっしゃるかもしれません。

私生活が忙しく、掃除をするときは一気に、年末は大掃除も出来ないということがここ数年続いていたので、今みたいに定期的にお掃除をすることができるのは嬉しいことです。


部屋がそれなりにスッキリすると、気持ちが軽くなります。その理由の一つとして、部屋が汚いと
「部屋を綺麗にしないといけない」
という使命感にも似た気持ちが生まれ、それが私の心を圧迫し始めるのです。

私の家は、あまりものが多い訳ではありません。おそらく、ここ最近の私の断捨離によって更に減らされて少なくなったと思います。そんな家でさえも、掃除が出来なければ、ものが多くごちゃごちゃした印象を持ってしまいます。

小さい頃からあまり几帳面な性格ではなく、最低限のこと以外は(ペンはペン立てに入れるなど)、何も気にせず部屋のレイアウトや机の中に好きなものを好きなように置いていました。ですが、あまり自分の部屋がぐちゃぐちゃだと思ったことはありませんでした。理由としては、(定期的に引っ越しをしていたことにより、その度に断捨離をせざるをえなかった環境にいたというのもありますが、)
部屋にものが少なかったからです(押入れは凄かった…)。

ものが少ない、といっても何年も過ごし、新しいものを購入すればものは増えていきます。そして部屋が汚く(整理されずにものが置かれることに
)なります。
そうすると、
「ああ…お掃除しな(お掃除しないといけないな)」という気持ちになり、心が重たくなります。

冒頭で書いた通り、「お掃除がしたい」と思っても、すぐに出来ることが少なかったため、どんどん気持ちが重たくなっていき、お掃除のことを考えるのが嫌になり、そのままでいいか、と思い始めます。ですが、「やっぱり綺麗な部屋にしたいなあ」という気持ちが生まれてきます。それの繰り返しにより、私の気持ちはどんどん重たくなっていきました。

ですが、時間に余裕ができ、大掃除やこまめな断捨離をし、スペースを作り、自分なりにそのスペースを上手く埋めていくことで、
お掃除が楽しく感じるまで気持ちが変化していきました。
最近は、定期的にお掃除をすることで、いるものといらないものを判断する、そしてまたスペースができる、部屋がスッキリする、そういうルーティーンが定着しつつあり、自宅の環境については、とても気持ちが軽いです。

最近の私の気持ちとして
「最低限必要なもの以外は処分したい」という気持ちが生まれました。年齢を重ねたことによる収集欲の減退も原因として考えられるのですが、
「自分のものを可能な限り今のうちに捨てておきたい」という気持ちがここ最近の掃除をする際の原動力になっている気がします。なんででしょう。死に準備なのかな(笑) 前は、「ずっと先まで大切に持っておきたいから残す」という気持ちがあり、切り抜きやステッカーなどジップロックに入れて保存していたりもして、私自身が驚くくらいだったのですが、今は好きなものに対しても、「好きだけど要らないな。xxにあげるか、yyで売るか。」という気持ちになっています。自分が困るのでしませんが、全部捨てたい気持ちになるときもあります。何もいらないわ、って思ってしまうんです。あまり未来のことを考えられていないのかも。最終的に悲しいことを思ってるんだなあ(笑)

まだまだ捨てられていないいらないものがたくさんあるので、どんどん捨てていきたいです!捨てちゃえ捨てちゃえ〜〜!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ