読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝駆け

日々、感じたことを自由に書きます。

親知らずを抜いてきたよ

 

こんにちは、おゆです。
先日親知らずを抜いたので、そのことに関して書きたいと思います。

 

まず、親知らずを抜かないといけないというのは、レントゲンを撮った時点で分かりきっていました。

骨がそもそも、斜め。成長してきたら、隣の歯に当たって痛みを感じるやろな〜〜、と。

まあ、でも親知らずを抜く、ということになったのは痛みがあったからで

抜くか痛いままにするか、なんですね。選択肢は。

そうなると、『はい、抜きます』と言わざるを得ませんよね。

しかし!痛いと皆んなが知っている親知らず!抜くの怖い!でも抜かないと!となった私は親知らずについていろいろ調べました。

 

そもそも親知らずって何?

→親知らずは上下左右の一番奥に遅めに生えてくる歯のこと。

親知らずが痛い、抜かないといけないようになったのは

ここ最近で、柔らかいものを食べている現代人の口の中の幅が狭くなって、

昔だったら普通に歯が生えることができたスペースがなくなったから(意訳)

親知らずは真っ直ぐ生えないことが多いため、歯磨きがしにくく、虫歯になってしまうことが多い。歯は噛み合わせが重要なので、どちらかだけ真っ直ぐ生えていても意味がないため、

どちらかだけ親知らずの場合は上下両方の歯を抜いたほうがいい(患者さんの意思にもよる)。

こんな感じでした。

 

そして当日、腹をくくり、歯医者さんへ。

 

 

麻酔をプチプチ打たれ、何かで歯を切られ、縫われ、だいたい40分くらいで終了。

麻酔があるので、ただ、口の中がいろいろやられていて、たまに力一杯何かが取られる感覚がありました。

私の場合は唾液が止まらなかったのでご飯めちゃめちゃ食べにくかったので、

今度抜くときはご飯食べてから歯医者さんへ行くことを決意。

 

 

親知らずを、ぬいてみて思ったのは、抜くことは痛くないけど、麻酔を打たれるのはなかなか痛いし
抜いたあといろいろ気持ち悪い!ということです。

腫れは、歯を抜いてから1日目くらいで『腫れてきたな〜〜』というくらいのになります。そして3日目になると
『パンパンwwwww』と自分で笑ってしまうレベルの腫れになります。口もあまり開けられません。そこがピークで徐々に治っていきますが、違和感がなくなるまで3週間はかかったかな?という印象です。
なので、親知らずを抜いて最低でも5日前後はなにか大きなイベントを持ってこないほうがいいのかな、と。


あと個人的なメモとして、親知らずを抜く前に、
ガーゼを用意しておこう
ストローを用意しておこう
スープ春雨を用意しておこう
という3つを忘れないようにしたいなと思いました(あと1回は抜くので)

まず、ガーゼを用意しておこう。

私の場合は、ということになるのですが、
口内の出血が止まっても
唾液を飲み込みたくないという無意識の反応がでてきます。
そうすると、飲み込めない唾液が口の中に大量に現れるわけです。
ティッシュやタオルなど私なりに試したのですが、
ガーゼを歯のどちらか半分(前歯から右側、左側みたいに)全て覆うくらいの大きさに切り、それを咥える(噛む)、というのが一番楽ですし、唾液のことをきにする必要がありませんでした。外出時はその上からマスクしてました。
すぐにガーゼがびちょびちょになるので、変えをたくさん用意しておくといいよ!ということです。(最初のうちは出血が止まらないときにも使えますし。)

ストローを用意しておこう

麻酔が抜けるのには時間がかかるため、のども乾きます。その時にいつも通りにお水を飲むと溢れますし、抜歯をした側にも水分がめぐって気持ち悪いことになります。なので、ストローでうまく逆側のみで飲むようにしましょう。腫れが治るまではこれが楽です。

スープ春雨を用意しておこう。

腫れが治るまでは口を大きく開けるのも大変でした。なのでスープであったり、麺類はとてもありがたく、腫れている歯の周りは歯磨きもしにくいので、出来るだけ口臭の原因になるものは控えたくなります(担々麺とか)。
そこで私が最適だな〜〜と思ったのがスープ春雨。ほどよく優しく、でもご飯を食べている気持ちになれる。
ぜひ親知らずを抜く際には購入をご検討ください。(おじや、おかゆだと優しすぎて物足りないかも…)

以上、親知らずを抜いてきたおゆでした!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ